炭水化物ダイエットの利点

ダイエットをしている人たちの中には、自分は毎日の食事の量を減らしていて、運動もしているのに、なかなか痩せられないという人がいます。

●そういう人はこちらをCheck!⇒《URL:http://diamond.jp/articles/-/87396

遺伝や体質の個人差もあるので、体型についてはなんとも言えませんが、極端に食事の量を減らすと、かえって脳にストレスを与えることになり、苦しくて突然食べ過ぎてしまいリバウンドしてしまうこともあります。

その点で、炭水化物ダイエットはとても良い方法で、人間本来の食べたいという気持ちに逆らわずに、満腹になりながらも痩せることができます。

私たちは長い間、太る原因はカロリーにあって、カロリーさえ押さえていれば脂肪は増えないと考えていましたが、それは間違いで体の中で余ったカロリーがそのまま脂肪に変わることはないそうです。

近年の研究では、体に脂肪が溜まるのは炭水化物に原因があることが判明しました。

それで、低炭水化物ダイエットをすることによって、ご飯や麺類、パンなど炭水化物を食べる量を減らすことによって、体内の脂肪がエネルギーとして消費され、太りにくい体を作ることができます。

このダイエット法の元になる理論はアメリカの学者によって考え出されましたが、彼が推奨したのは炭水化物を摂る量を極限まで減らすことだったそうです。

ところが、古くから日本では炭水化物を主食として暮らしてきたので、いきなり炭水化物を全く取り入れないということはできないので、毎日摂る炭水化物の量を減らすことによってダイエットをできるように負担を少なくしました。