炭水化物ダイエット中に摂るべき炭水化物の摂取量

炭水化物ダイエットの効果を出すには、一日の約300グラムの摂取量を10分の1に減らすと良いそうです。

しかし、炭水化物の大事な働きの中に、体の中に糖分を回し、脳や体が動くのを助けることがあり、脳を正常に動かすためには最低100グラムの炭水化物が必要だと言われているので、健康面を考えると一日100グラムの摂取は目安にしておいたほうが良いようです。

また、極端に炭水化物を抜いてダイエットすると、体の抵抗力が下がったり、栄養が足らないので体がふらついたり、脳が正常に働かなくなるなど生活に問題が出ることがあります。

それで、極端に摂取量を減らさないで、一回の食事で小さなおにぎりを一個食べるくらいの感覚でダイエットしていると体への負担を減らせます。

また、炭水化物を抜くことだけを考えるのではなく、バランスよく栄養を取ることも大切です。

この点で、タンパク質と一緒に取り入れると効果的で、具体的には豆腐や納豆に加えて、肉や魚貝類、卵、チーズなどの乳製品を摂ると良いようです。

タンパク質は体を作る栄養素なので、タンパク質をたくさん摂取することは肌ツヤをよくする効果もあります。

また、どうしてもアルコールが飲みたい時には、ビールやワインのような醸造酒ではなく、焼酎、ウィスキー、ブランデーなどの蒸留酒を飲むようにしましょう。

これは、ビールやワインの中には糖質が含まれていて、ウィスキーやウォッカなどの蒸留酒には糖質が含まれていないからです。

※ダイエットを効率よく進める為に⇒ダイエット中は避けたい「夕食後の過ごし方」3つ – Peachy